中銀グループ沿革
中銀グループ沿革 中銀グループの始まり 中銀グループ企業理念 社長挨拶 中銀グループ組織図 アクセスマップ

 

 

採用情報 中銀グループ社員インタビュー メディア掲載 お問い合せ
中銀グループ沿革
昭和28年
中銀グループの創業者渡辺酉蔵が、千代田区に貸ビルを建築、以後、銀座を中心に貸ビル事業を展開する。
昭和32年

中銀を冠した中銀建物株式会社が設立される。

 

中央区銀座から、中銀(なかぎん)とした。

昭和36年

中銀マンシオン株式会社設立 。

昭和46年
わが国の高齢化に着目した中高齢者専用マンシオン、『中銀ライフケア西山』が誕生する。
昭和47年

中銀ハウジング株式会社設立。マンション管理を主業務として営業開始。

 

株式会社中銀ライフケア設立。中高齢者専用マンション『ライフケア』の管理運営を主業務として営業開始。

 

『中銀ライフケア西山』の管理運営開始。

 

『中銀カプセルタワービル』完成、管理開始。

昭和50年
共同所有権方式の会員制ホテル『東京ビュック』完成、管理開始。
昭和54年
中銀ライフケアホーム株式会社 設立。
昭和59年
介護付有料老人ホーム『中銀ケアホテル熱海』管理運営開始。
昭和61年
熱海で10棟目となる中高齢者専用マンション『中銀ライフケア咲見』管理運営開始。
  平成3年

多世代型コミュニティ『アルディア・ヌーボ・中銀白井マンシオン』管理開始。

 

平岡繁行 中銀ハウジング株式会社・中銀マンシオン株式会社代表取締役就任。

渡辺蔵人 株式会社中銀ライフケア代表取締役就任。

  平成6年

中銀コーポレーション株式会社 設立。

 

介護付有料老人ホーム『中銀ライフケア横浜希望ヶ丘』管理運営開始。

  平成9年
台湾においてコンサルティング業務を行った高齢者向け施設がオープン。
平成10年
台湾の同施設が「設計」と「維持管理」で『中華建築金石賞』を受賞。
平成12年

中銀ホールディング株式会社 設立。

 

『中銀ライフケア介護サービスセンター』(現名称)『ライブリーケア中銀熱海』を開設。

平成14年
介護事業所『ライブリーケア中銀あいの里』を札幌あいの里に開設。
平成15年
渡辺蔵人 中銀ハウジング株式会社代表取締役就任。
平成16年

中銀ビルディング株式会社 設立。

 

『中銀ライフケア札幌〔あいの里1号館〕』管理運営開始。

平成17年
介護事業所『ライブリーケア中銀仲町台』を横浜市に開設。
平成18年
4月1日付けで中銀ハウジング株式会社と株式会社中銀ライフケアが合併し、
中銀インテグレーション株式会社と商号を変更。
平成20年

札幌で3棟目となる『中銀ライフケア札幌〔平岸天神山〕』の管理開始。

 

介護付有料老人ホーム『中銀ケアホテル横浜希望ヶ丘』管理運営開始。

平成24年

兵庫県住宅供給公社が事業運営する『パストラール加古川』・『パストラール尼崎』の
管理運営受託開始。

平成25年
通所介護『ライブリーデイ中銀熱海』開設。
平成26年

介護事業所『ライブリーケア中銀白井』を千葉県白井市に開設。

 

サービス付高齢者向け住宅『ライブリーハウス中銀小田原』を管理運営開始。

 

9月時点の管理実績は、管理組合数116組合、管理棟数131棟、管理受託戸数8,898戸。
その内ライフケアマンシオンは熱海地区12棟(ダイヤモンドライフ湘南、中銀ケアホテル熱海を含む)横浜3棟(中銀ケアホテル希望ヶ丘を含む)、千葉1棟、札幌3棟。